宇宙人に出したメールに返事が届くのは2015年

080514Aliens.JPG

こんなにメールが普及するずっと前に宇宙人に6万3355字のメールを出すなんて、日本の天文学者も粋なことしますよね。

1983年米国から天に向かってこの電波信号送ったのは、当時の東大東京天文台(現国立天文台)の助手・平林久さんと森本雅樹教授の2人。万事順調(?)に進めば彦星…こと恒星「アルタイル」に出した電波メッセージに返事が届くのは2015年だそうです。

信号を解読すると、13枚の画像が現れる。平林さんが描いたこの原画は長く所在不明になっていたが、昨年秋、森本さんが顧問を務める兵庫県立「西はりま天文台」で見つかった。(産経ニュース)

行方不明なんてアバウトというか、ミステリアスですねえ…。

なんでも考案した時、ちょうど水割り飲んでた成り行きで、 71 x 71マス(ピクセル)の画像13枚にはエタノールの分子式と「乾盃(toast)」の文字が入ってしまったそうな。「やっと会えたね!」という意味ですけど、「ここだけは宇宙人も、理解できないでしょうね」と平林さんは産経ニュースに話してます。

080514Aliens-a.JPG

これ、先方の宇宙人はどう解釈するんでしょうね?

しらふの宇宙人の解読例)

「アルタイルの親愛なるみなさま 僕らは性的に再生を繰り返し家族を形成する生命体です。地球の生命は水から始まりました」 

けっこう怖いですね…。

酔っ払った宇宙人の解読例)

 「よっ、宇宙人のみんな。地球ではみんな俺たちヌーディストなのさ。巨人で乳首ついたのもいれば、巨人でペニスついたのもいる。魚は浜辺で日光浴が大好き。ページめくると酔っ払ってる僕らの姿が見れるよ。乾杯!」

080514Aliens-b.JPG

平林さんは1999年には着信してるはずだと言います。きっと今ごろは返事が宇宙空間をぐいぐい飛んで、空にジッと耳を澄ませてる地球のジョディー・フォスターたちめがけて移動中なんでしょう。

アルタイルに惑星があればの話ですから、返事がくる可能性はとても低そうです。でも、平林さんは小学生から応援の手紙をたくさんもらったので、仮に届かなくても満足だと言っています。「子供たちの心には、ちゃんと届いて返ってきましたから」(産経ニュース)

子どもって小さくて言葉も変だし怒ると緑になるし…

も、もしかしてその中にもう宇宙人はいたのかもしれませんよね…

産経ニュース via Pink Tentacle

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

「宇宙人の気を本当に引きたいなら月の半分を鏡で覆って素数を点滅すべし」

耳を尖らせる手術でより素晴らしい音楽体験を

21世紀の傘(宇宙人のヘルメット風)