変なメガネをかけずに立体映像が観れる「インテグラル立体テレビ」(動画)

上のビデオは静止画の3Dですが、撮影不許可の特別エリアでは、これが映像になっているのを見ることができるんです。

NHK技研公開でデモされている「インテグラル立体テレビ」は、特殊なメガネなし立体映像の表示を可能とする、空間像再生型立体テレビ技術。

スーパーハイビジョンの超高精細映像技術を応用して、表示性能を向上させているのだそうです。上の動画は、同じくインテグラル式立体像の技術を用いた写真です。

まだまだ実験段階ですが、恐ろしく未来を感じさせるナイステクノロジーでした。Wiiリモコンの魔術師ジョニー・リー(Johnny Chung Lee)の作品を髣髴させますね。

以下にもう1本、同じ技術を用いた写真をあちこちから映した動画を置いておきますね(「静止画を撮影した動画」ってややこしい表現ですみません…)。

 

NHK技研公開は5月25日(日)まで成城学園前のNHK技術研究所で行われているので、もし興味があったらどぞ。

リア充の方は週末の変わったデート用にどうですか?

NHK技研公開

(いちる)

【関連記事】

3300万画素&22.2マルチチャンネルな家庭用スーパーハイビジョンテレビシステム

3300万画素カラー動画を撮影するビデオカメラ(動画)

派手派手しく地震の緊急速報をかます目覚まし時計(動画)

音声をリアルタイムに字幕にする技術(動画)、ニコ動などに応用(妄想)?