ビル・ゲイツがホログラフィーで会議にバーチャル出演

ビル・ゲイツがホログラフィーで会議にバーチャル出演 1

 

ダース・シディアスにしか見えません。

いや、これはフォトショップかな…すみません。

これ(下が本物)は、ビル・ゲイツ氏がクアラルンプールで開催の「世界情報技術産業会議(WCIT)2008」で400人の聴衆を前に行った公演のスナップ。長さ5分サイズ4.6mホログラフィーで現れて会場パニックを沸かせたようです。

映像は2週間前、シアトルで撮影。現地のFat Boys Records Sdn Bhdにレンダリングしてもらって、専門家も多数協力したそうですよ?

ビル・ゲイツがホログラフィーで会議にバーチャル出演 2
公人がこうして公の場でホログラフィー使ったのは、アブダビの 世界未来エネルギーサミットに出没した等身大のチャールズ王子が最初。ビル・Gの生霊はあれより段違いに大きいのが特徴ですね。

公演では「世界10億人が1人1台パソコン持ってる。しかし持ってない人も50億人いる。その彼らにもマイクロソフトはリーチしたい」と、コンピュータの素晴らしさを語りました。

現地報道によると会場は「本物そっくり」の「素晴らしい」ハイデフのMS創設者兼銀河の天皇に大興奮だったそうでございます。

 

[The Star Online]

jesusdiaz(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】

世界初! ホログラムが出るファッションショー(動画)

空気中に実際に立体映像を照射する技術、着々と実現中

マイクロソフト、「不死のコンピューティング」を研究中