なでたら反応してくれる癒し系うさぎロボ

なでたら反応してくれる癒し系うさぎロボ 1

ロボット研究家Steve Yohananはさまざまなロボットのデザインを見るたびに、なにかが欠けているなあと感じていました。それは「人間味」です。特にさわることで生まれるロボットと人間の交流、感情のコミュニケーション、そういったものをロボットに込めたい、と彼が考えて作ったのがこれです。毛がふさふさしたうさぎの形のロボット。人がさわるとその感触に反応してくれます。

「私は長年猫を飼っていましたが、いなくなってさびしく思うのはなでたときの感触です」とSteve Yohanan。このうさぎのロボットには圧力センサーが仕込まれていて、どこをどんなふうにさわられたか、なでられたかを感じます。そしてそれに対して、呼吸しているような動きをしたり、のどをごろごろならすような振動をしたり、耳をぴくぴく動かしたりしてくれます。

そして、ブリティッシュコロンビア大学の研究では、このうさぎをなでたひとたちが、うさぎのこのわずかな動きに対して、感情的な反応を示したことが明らかになりました。彼らはうさぎが喜んでいるかどうかも判断できたといったそうです。

これが次世代Asimoの動きにつながるかどうかはわかりませんが、将来のロボペットの可能性をぐっと押し広げたことは確かだとおもいます。人の心に触れて、癒してくれるロボペット、病院の子供やお年寄りなんかにいいかもしれません。

New Scientist

Kit Eaton(MAKI)

【関連記事】

丸くて可愛いロボット「キーポン」がダンスしながら東京散歩(動画)

ヤギロボット、外れ券を食べる

赤ちゃんすぎる恐竜ロボ「PLEO」