Windows 7のデモンストレーション(動画)

先日、アメリカのテレビ番組『All Things Digital』にて、ゲイツとバルマーによってWindows 7の機能がちょろっと紹介されました。

最大の目玉はタッチマルチタッチ機能の進化。恐らくSurface Tableの開発成果を一部取り入れたものと思われます。

それ以外の機能は、現時点ではVistaと大きく変わるところはないようです。もちろん最終版が出る18ヶ月後には、またぞろいろいろ変わっているでしょうが。

以下に写真ギャラリーも置いておきますね。ここから判るのは以下の通り。

  • Max OS Xっぽいドックが含まれる予定
  • マルチタッチの動作、たとえば2本の指でズーム、叩くと写真が裏返ってメモが読める、などの動かし方はSurface Tableのアプリそっくり
  • マルチタッチを使ったペイントアプリでは10本の指を使ってお絵描きできる
  • マルチタッチピアノのアプリはなるほどなーという感じの応用
  • 地図のアプリはMSライブマップとMSバーチャルアースを使っている。

 

080530windows701.jpg

080530windows702.jpg

080530windows703.jpg

080530windows704.jpg

080530windows705.jpg

080530windows706.jpg

080530windows707.jpg

080530windows708.jpg

080530windows709.jpg

Vista Blog

Jason Chen(MAKI/いちる)

【関連記事】

Windows 7は2009年にリリース?

Windows 7のリリースは2010年まで絶対ない

次期Windows「Windows 7」のマルチタッチ機能