エレクターで作った20mの高層ビル in ロックフェラーセンター(動画あり)

エレクターで作った20mの高層ビル in ロックフェラーセンター(動画あり) 1

アーティストChris Burdenは去年からがんばっていました。アシスタント達と一緒に。エレクターで塔を作っていたんです。

重さは約7257Kg、高さは約20mだそうです。作品タイトルは「What My Dad Gave Me」(父さんが僕にくれたもの)。マンハッタンの高層ビルにインスパイアされて製作されました。このため、最近製作されたロサンゼルスからロックフェラーセンターにお引っ越ししたそうです。まわりのビルの迫力に負けるな! と応援したくなりますね。

以下で動画をご覧ください。

 

 

作者の工学と建築への興味は小さい頃からのもので、エレクターや同様のおもちゃは彼の成長過程において大変重要なものだったそうです。つまり、理論的には子供でもこの塔を建てられる、という点がとても大事なんですね。

ロックフェラーセンターの野外アート展示として7/19まで展示されているそうなので、ニューヨークに遊びにいく予定がある方はぜひ。

 

[NYT]

Sean Fallon(MAKI)

 

【関連記事】

新記録!? 世界で最も高いLEGOタワー

15本の光束の塔「イマジン・ピース・タワー」完成!

この夏、ニューヨークのど真ん中に巨大な滝がっっっ!