第3の目を背負って歩く人(動画)

第3の目を背負って歩く人(動画) 1

万人の目が釘付け。

「この奇妙な装置マウントするまで、この男、髪ふさふさだったのさ」と米Gizmodoでも話題沸騰のこちらは、人間の立体視に第3の目を加え、自分の日常を客体化する装置「The Third Eye」です。カーネギーメロン大院卒の若手日本人アーティストTakehito Etani氏の作品。

氏はこのほかにも、運転席の人の心臓の鼓動を大幅に増幅して車のステレオ重低音とズンズン重ねる「ピンプ・マイ・ハート」という作品や、噛む回数数える求道的な装置つくってます。自画像はこちら(このヘッドマウントしてる方は別人か?)

ヘッドマウントの監視用カメラで自分の周辺も確認できます。低空飛行の鳥が自分を見下ろしてるような、そんな感じで。映像は2インチのディスプレイに表示。夜のタイムズスクエア歩いてみた映像(下)では、なかなか快調そうですね。

 

2002年のプロジェクトなんですけど、ごめん、この超ギークな外観にやられました。日本でも思いっきり既出でしたね、ははは。

TheThirdEyeProject via MAKE参考

Mark Wilson (原文/訳:satomi)

【関連記事】

「サウロンの目」:テスラ式自動車盗難防止装置

歩きながら片目でテレビ(動画)、あまりにも未来風

吹き出しを頭上に掲げて「チャット」するというアート(動画あり)