75万個のレゴを使ったケネディ宇宙センター(動画)

 

遠目に見れば、すでにホンモノです。

先日からたびたびご紹介している、米GizのDiaz記者のデンマーク・レゴ紀行。今回はレゴで作られたケネディ宇宙センター動画をお届けします。

使用されているレゴブロックは全部で75万個。約460平米の広さの土地に2500時間もかけて作られました。そこには高さ1.86メートルのスペースシャトル発射台、全長2.74メートルのサターン1Bロケット、5万個のブロックで構成された全長2.43メートル×全幅1.52メートル×高さ1.8メートルのシャトル組立棟などなどが展示されているんです。まあ、とにかく、どれもデカい。

ていうか、このまま打ち上げちゃえばいいのに。

 

jesusdiaz(原文/オサダシン)

 

【関連記事】

世界最大のレゴ飛行機、エアバスA380(動画)

レゴ歴代セット全てが眠る秘密保管庫(動画)

NASAロケット発射台解体で地揺れ(動画)