タイムラプス動画やパノラマが撮れるロボティックカメラマウント「AutoMate」(動画)

ギガピクセルのパノラマ画像やライムラプスの動画撮影が可能な「AutoMate 1.0」です。

発明家Don Frenchがこのほど公開しました。

カーネギーメロン大のGigapanプロジェクトに似てますけど、こちらはDSLR(デジタル一眼レフ)カメラ全機種とコンパクトカメラの多くに対応。動画のタイムラプス撮影、タイムラプスのパノラマ合成トリガーなどなど、いろんなことができます。

ニコンなど一部カメラは既にサポートしてる機能ですが、AutoMateはPDA or 携帯電話のインターフェイスを追加、何フィートか離れた場所からでもトリガーできるのがポイントです。Bluetooth接続搭載で、PocketPC 2003、WM5.0かWM6.0搭載のPDAか携帯電話なら何でもOKで、外付けの高速ストロボフラッシュをオン/オフにしたりもできますよ? 

プログラムやプロフィールは無限に保存が可能。後で呼び出してまた使えます。

一番うれしいのは、カメラファンに言わせると、重量たった2ポンド(約900g)なのにSFゴールデンゲートブリッジの突風に吹かれても、ご覧のように安定した撮影環境が確保できるところみたいですね。

ベータ利用者募集中。ベータ版は価格499ドルです。

The Gadget Works

Jason Chen(原文/訳:satomi)

【関連記事】

カシオ「EX-F1」のスローモーション撮影で、今度はロボットのバトルを撮影(動画)

ニコンの無線LANデジカメ最新モデル「COOLPIX S52c」が登場

いつもデジカメを持ち歩いていた方がいい理由