銀色のボディスーツを着ているようなBMWコンセプトカー「GINA Light Visionary Model」(動画あり)

080612bmw_gina_07_2.jpg

 

新しすぎです。格好いいと思うかどうかは真っ二つに分かれるでしょう。

BMWの新しいコンセプトカー「GINA Light Visionary Model」です。

プラスチックコーティングしたライクラ素材のをメタルフレームの上に張り巡らすことによって、車の形が連続的に変化していくという不思議なデザインを実現しています。もちろん変形しても布が破れたりすることはありません。

以下の写真ギャラリー紹介ムービーで、その姿を詳しくチェックしてみてください。

 

080612medium_2569390354_7e736afa14_o.jpg

080612medium_2568564895_b8540253b9_o.jpg

080612medium_2568564937_1fb6e6c340_o.jpg

080612medium_2569390550_5ce7e961c1_o.jpg

080612medium_2569390580_a9213e267c_o.jpg

080612bmw_gina_07_2.jpg

080612medium_2569390388_96cd4d8e8d_o.jpg

非常に奇妙な滑らかさですね。ドアが開くところなんて、しわの寄り方がなんとも生物的です。スポイラーがムクムクと生えて来たり、エンジンルームが内臓のように見えたりするところも、いちいちドキドキします。

張られている布は防水仕様。4枚のパネルからなっています。ベースとなった車はZ8モデル。4.4リッターでV8エンジン搭載で6速。

どうでしょう? 僕はなんだか目が離せなくなりました。ドイツ、ミュンヘンにあるBMWミュージアムで展示するために作られたそうですので、機会があればぜひ本物を見て来てください。

[Wired and Jalopnik]

Adrian Covert(MAKI/いちる)

 

【関連記事】

BMWオーナー専用のクラッシーなテント

GoogleマップとBMWが連動

普通に乗れる往年の名車…のレプリカ(動画)