攻殻機動隊の拳銃が実体化

DSC_5739

さすがは銃マニアの押井監督監修です。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 の劇中、トグサが使用した「マテバM-M2007」が8ミリBBガスガンとして登場します。リボルバーなのにオートマチックバレルシリンダーは横ではなく上に跳ね上げ式、通常上側にある銃身が下側になっていて照準が合わせ難い点など、まさに個性的なマテバの特徴を緻密に再現。反動による上への跳ね上がりが少ないのが美点らしいのですが、ガスガンでもその長所が活かされているといいですね。

現在鋭意開発中で、8月発売予定です。

マルシン

(野間恒毅)

ガスガン マテバM-M2007 (攻殻機動隊トグサの銃)
ガスガン マテバM-M2007 (攻殻機動隊トグサの銃)

攻殻機動隊の拳銃が実体化 1

【関連記事】

『攻殻機動隊』のタチコマ風ロボット

喋る USBタチコマ(動画)

奇妙すぎる銃ギャラリー

UPDATE:irakaさんのご指摘のとおり、オートマチック機構があるのは6Unicaの方でした。加えて、バレル→シリンダーへ修正しました。コメントありがとうございました!