三菱のレーザーテレビ「LaserVue」は結構キレイな映り

三菱のレーザーテレビ「LaserVue」は結構キレイな映り 1

液晶・プラズマと比べても遜色ないレベルかもしれませんね。写真からすると。

国内市場では各メーカーが続々と撤退したリアプロジェクションテレビですが、北米市場では今も健在。LCDLCOSDLPの3つの方式が主流でしたが、三菱電機はレーザー光を使用した新光源を2006年に発表。そのレーザー光を光源にした新製品「LaserVue」を、今年の第3四半期には出荷する予定とのとこです。ちなみに画面サイズは65インチ、73インチです。

上の写真が画面の比較写真。左から液晶テレビ、「LaserVue」、プラズマ。この写真のなかでは、真ん中のコントラストが一番高いみたいですね。この画質なら、液晶・プラズマともあたりあっていけるかも知れません。あとは価格次第でしょうが…。

製品サイトはもう完成しているようなので、デザインなどを見たい方は、ネタ元リンクをご参照ください。以下には、もう一枚の画面比較写真をおいておきます。

 

三菱のレーザーテレビ「LaserVue」は結構キレイな映り 2

Mitsubishi

Benny Goldman(原文/常山剛)

【関連記事】

世界最大、110インチのリアプロジェクション方式テレビ

[CEATEC2007]各社のテレビ画面サイズ比較

[CEATEC2007]三菱の140型オーロラビジョンLED(動画)