ノスタルジックで優しいアナログ信号機

ノスタルジックで優しいアナログ信号機 1

このアナログ式交通信号機は1940年代から1970年代まで実際にオーストラリアで使われていたものです。独特な色使いとデザインは、アートの香りすら感じさせます。

いま普通の信号は赤や青のライトが点灯するだけですが、このアナログ信号機は青信号(または赤信号)の時間があとどのくらい残されているのか、針で指し示してくれるのです。あせって走って危ない思いをする必要もありません。なんだかやさしさと心のゆとりを感じます。復刻してくれないかなあ。

[Infosthetics via Make via Boing Boing Gadgets]

Jason Chen(MAKI)

【関連記事】

ほんわか木製ラジオ

革命的! アナログインターフェイスケータイfromロシア

この赤信号が目に入らんか?