ソフトバンクの新製品発表会「ここが気になる!」~後編

080604923SH-01.JPG

さて、ソフトバンク2008夏モデルの発表会では、新機能もいくつか紹介されました。そのほとんどが、AQUOSケータイの最新機種「923SH」から対応になります。

上の写真は、新デザインの絵文字です。これは今回発表された機種から順次搭載されていきます。

孫社長は、ボーダフォンを買収した際に「絵文字が気持ち悪い」と思ったそうです。そこで今回、自ら厳しくチェックし好感度No.1の絵文字作成に着手。特に表情の絵文字がお気に入りだとか。

また、他社のケータイに送信した際に文字化けしないように、「他社共通絵文字モード」を搭載。ここに表示された絵文字を使えば100%文字化けがなくなります。

080604923SH-02.JPG

080604923SH-03.JPG

こちらは新しいYahoo!ケータイのトップページ。7月1日からリニューアルされます。これまで以上に見やすく使いやすくなっており、縦画面、横画面用にそれぞれ最適化されているそうです。

 

080604923SH-04.JPG

電話をかけるとき、相手にあらかじめ内容を伝えておきたいということはありませんか? そんなときに便利なのが新サービス「着デコ」です。

これは、電話をかける際に画像・動画・テキスト・絵文字・音楽を組み合わせたメッセージを、呼び出し中の相手の着信画面に表示させることができます。

テキストは最大20文字ですが、画像・動画・音楽など最大100KBまで送信可能。たとえば、誕生日おめでとうの電話をする際に、あらかじめ「誕生日おめでとう」といった内容のメッセージを表示させれば、相手も電話に出やすくなるでしょう。

画面は、孫社長がプレゼンテーションのときに使った着デコ。この場合は「出ません」とのこと(笑)。

080604923SH-05.JPG

923SHでは、1台で2つの電話番号とメールアドレスが使える「ダブルナンバー」に対応。A回線とB回線を切り換えて使えるほか、両方の電話番号を同時に待ち受けできるデュアルモードを搭載。なお、2回線目にホワイトブランを選択すると、基本料金が割引になり840円となります。

最大の特徴は、2回線ともメール送受信が行えること。また、請求書を別々に発行することもできます。プライベートとビジネスを1台で使い分けることができるのは、すばらしいですね。

080604923SH-06.JPG

なお、デュアルモードで待ち受けをしている際に、不在着信があった場合、どちらの電話番号にかかってきたのかわからないかもしれないと不安に思っているあなた。大丈夫ですよ。不在着信履歴に「A」「B」と明記されるので、どちらにかかってきた電話かがわかります。

080604923SH-07.JPG

また、923SHには「地図」「辞書」というボタンがあります。

080604923SH-08.JPG

「地図」ボタンを押すと、Yahoo!地図にアクセスし自分の位置を表示してくれます。

080604923SH-09.JPG

「辞書」ボタンを押すとインターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」と連携。これにより、最新の流行語なども検索が可能になるという画期的なものです。

もっとあるんですが、盛りだくさんすぎて、ここでは伝えることができません。またの機会に詳しくお伝えしたいと思います。

新機種の発売が待ち遠しいですね。

923SH2008夏モデル特設ページ

(三浦一紀)

【関連記事】

ソフトバンクの新製品発表会「ここが気になる!」~前編

「とにかく女にモテたい」 by 孫社長のソフトバンク2008夏モデルの発表会

2in1対応、NTTドコモ「904iシリーズ」は全5機種!