水がコップ一杯で済む洗濯機がイギリスで発明される

水がコップ一杯で済む洗濯機がイギリスで発明される 1

 

イギリスの発明家が環境に優しい洗濯機を発明しました。

いままでとは全然レベルが違います。なんと、1回の洗濯に使う水はたったのコップ1杯。この「Xeros machine」は大量のプラスチックチップを使って洗濯するんです。コップ1杯の水が温められると、これらのチップが汚れを吸収するそうなんですねー。コーヒーや口紅の汚れもとれるみたいですよ。

このチップの耐用回数は100回くらい。まだ試作品段階だそうですが、商用展開を真剣に検討しているそうなので、そのうち店頭で目にするかもしれませんね。一応来年あたりの発売を目指していて、価格は従来のものとあまり変わらない予定だそうです。

 

[Daily Mail]

Kit Eaton(MAKI)

 

【関連記事】

水を使わない洗濯機

ドラム式洗濯機と猫との相性は異常

ありそうで無かったぞ。トイレと洗濯機がオールインワン!