スティーブ・ジョブズの健康状態を追跡するアスホール(クソ野郎)について

ジョブズの健康状態を伝えるニュースについて考えてるところ。

みんなリンク送ってきてくれるからね…。

マスコミと一般社会、金融関係者がジョブズの健康状態を追跡する理由は3つある。でも、どれも個人の病気をネタにして良い理由にはならない。かく言うギズモもこないだ嫌々書いたんで、大きなこと書けないけど。

あれで充分だと思ったら今日はもっとこの特集が新聞に出てるんだ。なんか、スティーブの過去10年の健康状態を写真で比較するフォトギャラリーなんてのまである。こんな風に書き立てられたら誰だってマスコミ嫌いになっちゃうよ。ホントこれだからマスコミは時々うんざりくるんだ、と自分でも思ってしまうような、まさにそんな取り上げ方で。

ぴんとこない方のために氏の健康状態があれこれ取り沙汰される理由を3つ並べてみるね。

(1)アップル製品のファンはジョブズが病気だと製品が今ほど良くはなくなるんじゃないかと心配。 (2)金融業界はアップル製品が落ちたり、アップルのリーダーがまた重病に伏せったら、今ほど利益にならないから株を売らなきゃならない、それが心配。(3)マスコミ? まあ、僕らマスコミは、これをニュースと見る(1)と(2)の後追い、ですよね。それは分かるんだけど、それでも追跡しないでくれたらいいのになあ…と、つい思ってしまう。というのも、これ全部、利益に引っ張られているだけなんで。こんなの読んだって読者にとって良いことなんか何もないよ。

こう書くと、じゃあ、ビル・ゲイツとかスティーブ・バルマーはどうなの? 追っかけないの? と聞いてくる人も当然いると思う。ジョブズはアップルにとってなくてはならない存在だけど、ゲイツとバルマーはマイクロソフトにとってそこまでではない気がするので、他社もここまで熱心には追いかけないだろう。

これまでは、こうしたプライベートな問題もせっせとカバーしてきた僕たちだけど、今はそっとしておきたい気持ちでいっぱいだ。リスペクトをもって次に進みたい。みんなそれぞれ自分の人生で身の周りに病気になっちゃう人とか、いると思うんだよね。こんな話は敢えてボツにするのがベストじゃないかと。

ちょっと敏感なだけかな? みんなはどう思う?

Brian Lam(原文/訳:satomi)

【関連記事】

明らかにめっきり痩せたスティーブ・ジョブズ、その理由

ジョブズ基調講演のフル動画、すでにオンラインで視聴可能です

スティーブ・ジョブズの紙人形(自作可)