「水蒸気にイメージを保存する方法」物理学者のチームが発見

光が当たってるんじゃなくて実はこれ、

蒸気文字のかたちになってるんです。

と言ってもマイクロ秒単位の、はかない命、ですけどね。

「ええ? でも原子って絶えず動き回ってるんじゃなかったっけ?」

そう、そこが問題なんですけど、物理学者たちが、なんとその実現方法に辿り着いたのです。

彼らのテクニックでは、研究員がまず光パルスに画像(例:数字の“2”)を保存する。この光パルスが原子のガス(気体)にぶつかると、その衝撃が強度に吸収され原子の活動を活発化させる。そこへ2番目の光線が同じガス目指して差し込むと、原子はユニークな量子状態となり、最初の光パルスが蒸気を通過する結果に繋がる。この現象を「電磁誘起透明化(Electromagnetically Induced Transparency : EIT)」と呼ぶ。

これまでの実験でも見られたように、第1の光パルスが蒸気内にある時、第2の光線がオフになると、第1のパルスは完全停止(&蒸気内に一時保存)できる。その後、第2の光線を再開すると、最初のパルスが復元できるというわけだ。

物理がご専門の方は以下リンク先(英語)で全文どうぞ。

(写真クレジット:M. Shuker, et al. ©2008 APS)

[PhysOrg]

Adam Frucci (原文/訳:satomi)

【関連記事】

蒸気タービンで走るラジコン(動画)

水面に文字を書く

空中に絵を描いて、それを自動で製造する