3G登場にちょうど合わせるかように壊れる「神の電話」(サイアク!)

 

ボクのiPhoneが壊れました。

そう、神の電話(JesusPhone)がボク(Jesus)のズボンのポケットで壊れちゃったんです。いやどこか他のところかもしれないけど、いつ壊れたのとか、正確には覚えてません。朝見たときにはすでに壊れていたという。

というわけで、すでにボクのiPhone、単なるスクリーンと化してます。まだ動きはするんですけどね。

とにかく、iPhone 3Gが出る直前というタイミングで壊れるこたぁないだろと、文句言いまくりたかったんですけど。でも、何に対してどう愚痴を言えばいいやら、決めかねちゃったんですよね。

愚痴その1 : 「なんでこういうものって新しいバージョンが出る1週間前に壊れるのよ?偶然じゃないんじゃないの?意図的にそう作られてるだろ? だからなんで今壊れるんだってば」

愚痴その2 : 「壊れるんだったら、なんで新しいバージョンが出る前日に壊れないかな。 だったら、不完全なiPhoneクラシックに我慢する必要なんてないのに」

ま、というわけで、ボクの間抜けな1人脳内議論を見てもらった通り、一切文句言うのやめました。おとなしく3G iPhoneがでるの待ちます。来週ね!

jesusdiaz (原文/訳:mica)

 

【関連記事】

ついに7月11日(金)発売! 「iPhone 3G」新着情報

折りたたんだ名刺で壊れたiPodを直す

壊れたライブ録音修復で数学者チーム、グラミー賞獲得