Engadgetの編集長、Ryan辞職の報を聞いて。

米国Engadgetの編集長Ryan Blockが辞職しました。

ニュースを聞いた時はライバルが突然いなくなるという不意打ちをくらって、なぜか不思議な悲しい気持ちを味わいました。なんていうか、彼が僕にとっては一番の友人であり敵だったからなんでしょうね。

マスコミはEngadgetとGizmodoの競争をおもしろおかしく書きたててきたし、僕もそれに乗っかってたところがあることは認めます。でも実際はちょっと違ったんです。僕も彼も、素晴らしい記事を限られた時間で作っていくという同じゴールを目指してました。イベントでも彼は企業に歓迎されてました。

たぶんその場にいた誰よりも、僕ら2人の目指す地点は近かったでしょう。重要なイベントのライブ中継などでは、お互いに誰よりも早くネタを書くことを狙ってました。大体そういうところでは現場に到着すると彼が先に来ているか、こっちが着いてから数分後に向こうがやってくるとかそんな感じでした。

僕がGizmodoで働いた2年あまりの時間の中で彼の仕事ぶりを見るチャンスはたくさんあったわけですが、彼はずば抜けた人材です。ぼくらが歴史的なライバルであることはさておいて。で、彼が新しいステップに向けて踏み出すということで、彼のいままでの編集長としての地位を最大限に生かし、そしてしょっちゅうなにか書いてほしいなと思います。

あ、でもそんなにしょっちゅうじゃなくてもいいかな。僕もちょっとは休みたいし。

[RyanBlock]

Brian Lam(MAKI/いちる)

【関連記事】

Engadget編集長が結婚

ビル・ゲイツと昼食を(レポート)

ギズモード、スティーブ・ジョブズに会う