ゴムのデカ蛇で波力発電?(動画あり)

ゴムのデカ蛇で波力発電?(動画あり) 1

今回見つけたのは、今までとはちょっと違いますよ。

ギズでみせたロボット蛇、今回のロボット蛇は、海面ぎりぎりのところに浮いて、波のエネルギーを吸収し、電力に変えるよう設計されているものなんです。

イギリスの科学チームは、今まで蛇のデザインに取り組んできたんですが、現在は実験用の水槽の中でテストを繰り返しています:。最終的に「本物」のロボット蛇は、直径23フィートと長さ650フィートあるので、1メガワットを発生させることができるらしいです。 そのロボット蛇「アナコンダ」がどう働いているのか、ぜひ見てみてください。

 

このゴムの蛇、基本的に波に合わせて曲がるよう、一定の高さで係留されてます。 正式なサイズのものだと、1000世帯分の電気をまかなえるんだそうです。

まさにサイエンスフィクションの世界ですけど、ダイバーからするとちょっと怖いですよね。

New Scientist

Kit Eaton (原文/訳 mica)

【関連記事】

怖いくらい有機的かつスムーズに動くロボット・ヘビ(動画)

「オッパイ発電」について、深遠なる考察

ダンサーで自家発電!? オランダ発エコなクラブ