持ち運びは手ぶらで:リュック型のウルトラポータブル自転車

持ち運びは手ぶらで:リュック型のウルトラポータブル自転車 1

背負ったところがすでにかわいいデザインですよね。これ自転車です。

折りたたみ自転車は別に新しいアイディアでもなんでもないですが、デザイナーのChang Ting Jenさんがデザインしたこの自転車、実際に製品化されるときには、重量約5.5kg、(折りたたんだときの長さ)約60センチという超コンパクトサイズになるそうです。

持ち運びは手ぶらで:リュック型のウルトラポータブル自転車 2

ガソリン高騰の今、環境にも優しくて、健康にもよくて、ついでに満員電車で不快な思いしなくてよい自転車はいいことづくめです。フレーム部分には、できるだけ軽くするようにプラスチックが使われるようです。その関係で、68kg以上の人は、強度上お乗りになれない、、、らしいです。

それって乗れる人がすごく限られません? あんまり現実的じゃないような。

技術の進歩でいろいろな素材あるでしょうから、超軽量、超コンパクトを実現できる素材を使ってほしいですね。

[The Design Blog via Tech Digest

Sean Fallon (原文/訳:mica)

【関連記事】

30ドルでできる究極のエコ? ダンボール自転車

自転車のハンドルを折りたたんでしまう、という発想

100万ドルの五輪用バイクは、値段以外の点でも一般人には乗れなそう(動画あり)