アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 1

評判の悪い戦争、ホワイトハウスの人気のない大統領に経済危機など、ダメなことばかりで、アメリカの素晴らしさを実感する材料がなかなか見つからない時代です。

でも、7月4日はアメリカの独立を祝い、私たちの愛国心を取り戻して、明るい面をじっくりと考えるのにうってつけの日なのではないでしょうか? と米Gizで提案する「アメリカ人でよかった!」と胸をはれること請け合いの!? ガジェットを10個ほどご紹介。日本人から見てどうでしょうか。

 言論の自由

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 2

まずは、アメリカを象徴する政治指導者たちのフィギュアが登場です。ジョージとローラ・ブッシュ、ヒラリー、アンクルサム、ジョンとジャッキー・ケネディー、ロナルド・レーガンとベンジャミン・フランクリンなどなどアクション・フィギュアで、お好きなようにイマジネーションを膨らませて、あなたの手で素晴らしいアメリカを創造してみてはいかがでしょう? 気になるお値段はそれぞれ8.88ドルだそうです。

[Prank Place]

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 3

ブッシュのホワイトハウスでの仕事っぷりが気に入らない? それなら、彼をもうひとつの陶器でできたホワイトハウスに異動させて、本当の汚れ仕事をさせちゃうっていうのはいかがです? きっといい仕事してくれますよ。気になるThe George Bush toilet brushのお値段は16ドル95セントです。

[Baron Bob]

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 4

ヒラリーはレースから離脱してしまいましたが、彼女のキャンペーンや底力の強さはすごかったですよね。ということで、そんな彼女の強さを思い起こさせてくれるアイテム「The Hilary Clinton Nutcracker」登場です。ヒラリーの健脚でくるみを割れば、ガッツがわいてくるかも(笑)。気になるお値段は19ドル99セント。

[Teptronics]

銃内蔵型ナイフ

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 5

「The G.R.A.D.」の特徴は、ナイフの中に22口径の銃を隠しているとこ。憲法修正第2条の元に、この相当物騒な武器も、普通に所持できちゃうんですよね。すごい国です。ちなみに、このナイフのお値段は699ドルです。

[GunsAmerica]

巨大グリルと大食い競争

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 6

アメリカには「世界最大」のタイトルを張り合っているグリルが沢山あるんです。この65フィートもある「Big Taste Grill」もその1つ。なんと、同時に750本のソーセージをグリルしちゃうことができちゃうんです。1時間あたり2500本焼けるって計算! そんなに焼く必要が…!?

[Big Taste Grill]

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 7

ガジェットではありませんが…、手羽先フライドチキンをほおばるこの3人こそ、まさにアメリカな気がしたので…入れてみました。ちなみに、彼らはレスラーみたいに独自の連合も持っているそうですよ。

[IFOCE]

テキサス

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 8

テキサスは「アメリカ」を正しく見物する方法を知っているようです。来年、新しいCowboysスタジアムに世界一大きなスクリーンを設置するようです。横幅は高速バスの4台分、縦は61/2倍だそうです。バスで大きさを説明するのは、分りやすいような? 分かりづらいような…!?

エクササイズと怠けもの

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 9

アメリカは、富でダラダラな怠けライフスタイルを手に入れるために必死になっています。そんなアメリカを象徴するワークステーション!? を配管系統サービスの会社Roto-Rooterが去年発表したそうです。

この派手に改造した20インチの液晶ディスプレイ、DVDプレーヤー、XBox360、トイレットペーパーとステレオのドッキング・ステーション付きiPod、TiVo、Avantiの冷蔵庫、バイクのペダルをクルクル漕ぐエクササイズマシーン、カップの保温機付きトイレ、至れり尽くせりなかんじですが、もっとオプションがつけられるなら、何がいいかなぁ?

やり過ぎな消費主義

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 10

アメリカのもっとも興味深いことの一つは、企業がどんなものでも売ってしまうところ、そして人々はその製品に列をつくり、お財布のひもをどんどんゆるめていくことだと思います。

この『スター・トレック』やMLBをテーマにした骨壺がまさにその現象の典型的な例です。あまりにも魅力的すぎて、みんな来世にも持っていきたい! と思うみたいですよ。

[Eternal Image]

アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10 11

こちらも、ザ・アメリカ! なガジェットです。こちらの、唄って揺れるおっぱい壁掛け「Jingle Jugs for Life」は自分の歌を録音できるオプションもあるようですっっ。そして、これまた、アメリカっぽいのですが、乳がんを意識するようメッセージがすべてのおっぱいに録音されているそうです。フェミニストの反感を和らげる作戦なのかもですね。

[Jingle Jugs]

みなさん、いかがでしたでしょうか? このガジェット達によって、アメリカ人でよかった! とかアメリカ人になりたかったなぁ…。と思ってくれたら嬉しいです(笑)

Sean Fallon(原文/junjun)

【関連記事】

アメリカ人も萌え~女子高制服ストラップ

「PortOPong」アメリカ式夏の楽しみ方

愛玩ロボ「Pleo」、戦闘ロボに叩きのめされる(動画)