電気羊の夢を見るか? それとも実際に電気羊を見るか?(動画)

カーネギーメロン大学の客員教授、Osma Khan氏の制作による6本足のロボ羊

フィリップ・K・ディックにインスパイアされたんだろうって? もちろんそうです。このロボ羊には、草を刈る歯GPSがついていて、彼はGPSを使って場所を確かめながら、自分で草を食べて歩き回ります。衝突防止センサーもついています。

自動芝刈り機をユーモラスにからかっているのでしょうか? 本当の羊が草を食べるほうがよっぽどエコだよという皮肉でしょうか? その真意は不明ですが、とにかく7月28日までロボット250の会場で公開中だそうです。

Robot250 via BotJunkie

Kit Eaton(MAKI/いちる)

【関連記事】

ヤギロボット、外れ券を食べる

なでたら反応してくれる癒し系うさぎロボ

赤ちゃんすぎる恐竜ロボ「PLEO」