デスクトップと17型CRTとプリンター積んでるオープンカー

デスクトップと17型CRTとプリンター積んでるオープンカー 1

ニューヨークの治安がここまでとは。

ギズ読者のHenryが夕べニューヨークで生息を確認した「モバイルオフィス」のオープンカーです。

こんな理解に苦しむもの、僕も見たことないですね…。

車の中(というか外)にはキーボ、デスクトップ、CRTディスプレイ、ランプ、プリンター、花が所狭しと助手席に積み込まれています。こりゃいったい??

なんかニューヨークでは名物みたいで、2年前にも同じ車を金曜夜9時NY40丁目で目撃した人がいます。装備は今とまるで一緒。その時の写真はここですけど、注目したいのは写真タイトルですね。

「路肩にエンジン掛けっぱなしで置き去りにされたコンバーティブルのモバイルオフィス」

盗まれないんでしょうか? 誰かこの謎のカーオフィス、ブロンドの人、彼が使ってるWindows登場前のアプリ(たぶん)に心当たりの方、いたら教えて下さいね!

(訳注 : 関連記事見っかりました! 氏の名前は以下でどうぞ)

 この写真のお方は、Safwan Sweidan博士。ワシントンポストに昨年掲載のこの記事に正面写真も出てます。1日4時間の通勤時間がもったいないので、補助オフィスとして7年前(掲載時)から使ってるんだそうな。モバイルオフィスはこれで5代目だそうですよ?

[Thanks Henry!]

Jason Chen (原文/訳:satomi)

【関連記事】

赤ちゃん用おもちゃ車みたいなオフィスワークステーション

たかだかボールペンから始まったオフィス大戦争(動画あり)

窓の無いオフィスに愛の手を!「Sky Factory」