回る地球儀を埋め込んだ約6000万円の腕時計「Hysek Colosso」

回る地球儀を埋め込んだ約6000万円の腕時計「Hysek Colosso」 1

いえ~い、地球のみんな、今日も回ってるかい!?

時計は専門じゃないですけど、まさか55万ドル(5965万円)なんて高値つけられる装備が腕時計にあろうはずがない…と勝手に思い込んでた僕にとっては、まさに衝撃ですね。

フランス高級時計ブランド、イゼック(Hysek)が作った「Hysek Colosso」です。

イヤでも目に入るのが、「中に地球儀の入ったクリスタルの球」。中でくるくる地球儀が回ってローカルタイムとかグリニッジ標準時(GMT)を表示してくれます。子どもの腕時計にありがちなギミックで、世界一高い腕時計の一つでそれはないぞー、と。お金もないのに叫んでみる…。

ハーフ・ミリオン・ダラーで手に入る特長には他に何があるんでしょ?

ムーブメント :

* 時針、15分刻みのリピーター、1分刻みのリピーター、大聖堂の音質、62粒の宝石

ファンクション :

* 12時のところに大きな日付け表示。24あるタイムゾーンの各都市からグリニッジ標準時にリンク

* タイムゾーン逆行。これはボトムの方にある線状ダブルディスプレイで行い、カーブ上に24時から12時か、12時から24時か、見たいサイドを矢印で表示

* トランスミッション・フィードバック、2平面、タイムゾーン表示用

* パワーリザーブ(予備電源) : 48時間

* 振動数 : 1時間に1万8000回振動

地球儀 : 

* 12時の針のところに3次元の地球儀がついている。直径12mm。いわば自分で24時間くるくる回るバーチャルなグリニッジ標準時ディスプレイで、時刻はローカルタイムおよびグリニッジ標準時で設定可能

400万円のレザーマンでのけぞってる場合じゃないよね。

回る回る~地球は回る~♪

Product Page via Watchismo Times

Adam Frucci(原文/訳:satomi)

【関連記事】

2億2千万円の腕時計

江戸時代風味のスチームパンク腕時計

永久機関なUSB腕時計