富士通からのEee PC対抗馬、超おしゃれな着せ替え「Amilo Mini」が発売間近

富士通からのEee PC対抗馬、超おしゃれな着せ替え「Amilo Mini」が発売間近 1

激安ミニノートPCに、おしゃれな着せ替えフェースプレートはいかが?

ASUSの「Eee PC」が一気に火をつけたUMPCレースは、次々と各社から対抗モデルが出そろい、かなり日本でもミニノートPCが話題になってますね。

そんな中、この流れに富士通が参戦しそうな予感ですよ。LOOXファンの皆さまを唸らせる、富士通ならではの仕かけも、続きでご覧ください。

 いよいよ今週よりドイツのベルリンで開催される、世界最大規模のコンシューマー・エレクトロニクス展「IFA 2008」において、富士通と独シーメンスの提携で誕生した「Fujitsu Siemens Computers」が、特別なプレス向けイベントを組んでいるようです。

IDG Newsが独自に伝えたニュースによって、突如明らかになったこのイベント。現地で28日に開催予定とのことですが、ここでFujitsu Siemens Computersは、最新ミニノートPC「Amilo Mini」を発表し、間もなく欧州で販売を開始する運びになるとのことです。

IntelのAtomプロセッサを搭載するAmilo Miniは、OSにWindows XPを採用し、130万画素のウェブカメラも標準装備されているようですね。気になる価格ですが、300~400ユーロに設定されるとの情報が流れています。

そして、うれしいことにAmilo Miniならではの最大の特徴として、超おしゃれ着せ替えフェースプレートが備わっていることが明らかにされていますよ。ブラウン、ブラック、ピンク、レッドなどのカラーが用意され、気分に合わせて、手軽にチェンジできてしまうのだとか。

これはもう日本での発売が待ち遠しくてたまりませんね。なかなかキーボードも打ちやすそうですし…。早く着せ替えプレートの写真とか見たいなぁ。

なお、あくまでもここで明らかになったのは事前情報で、実際のイベントにて、さらなる詳細が正式発表されるとのことですから、これは要チェックでございます。

[Liliputing]

Jack Loftus(原文/湯木進悟)

【関連記事】

小さくてすごい激安ミニノート「HP2133」とその仲間たち

AMD搭載の、低価格高機能サブノートPC

引っ張ったり捻ったりして操作するマイクロソフトのプロトタイプ