iPhoneが携帯ゲームで勝てない(と思う)理由

iPhoneが携帯ゲームで勝てない(と思う)理由 1

iPhoneのティルトゲーム(傾き操作のゲーム)で頂点に立つものと言えば『スーパーモンキーボール』でしょう。

おサルの入ったボールを転がしながら、端から落っこちないように上手に迷路をナビして回るこのゲーム。同じことの繰り返しですけど、けっこう楽しいんですよね。傾き制御と言えば任天堂の『コロコロ カービィ(Kirby Tilt 'n' Tumble)』もこれソックリで、カービィを連れ回って星を集めるゲームでした。

どちらも楽しいし、どちらもほとんど同じ制御スキームでポジティブな評価を得ているのに、何故モンキーボールにばかり注目が集まってるんでしょう?

…ひとつには、カービィにはゲームボーイカラー(とアドバンス)でしか遊べない、という制約があります。あと、そうそう、リリースが2001年でしたから…。

iPhoneが携帯ゲームで勝てない(と思う)理由 2

もちろんモンキーボールでは先祖様に大幅な改良を加えてます。機能も豊富なら、完全に3Dグラフィックス、優れたデザインのレベルが100以上も備わってます。表面的にはハンドヘルドゲームを何世代か先に進めたかのようにも見えますが、ひとつ変わってないのが、制御のメカニズム。IGNが2001年4月に書いたカービィ紹介記事にはこうあります。

 

この傾き操作(ティルティング)の機能こそが、このゲームの要だ。このお陰でカービィはオリジナリティ溢れる楽しいゲームになっている。デザイナーはゲームにセンサーを入れるのではなく、センサーを中心に据えてその周辺にゲームを開発した。それがとても良く現れている... 。カービィは迷路周辺でズームしようとすると必ずミスるので我慢が必要だね。悠長に構えてる暇なんかない。―時計の針は鳴っている。

なんだか、iPhoneでAiAi転がしてる感想と言っても通るような内容です。

カービィの傾きセンサー技術は、GBC Cartridgeで開発したもので、今のiPhoneの水準から見ても動作はスムーズなものでした。この傾き感知のスキームを採り入れたゲームは他にも何個か出ました(同じぐらい素晴らしく、評判も良かった)が、どれも『コロコロ カービィ』のナビの発想からそんなにかけ離れた冒険はしていませんでした。で、何年か経つうちに位置認識のハンドヘルドゲームは過去の遺物となっていって…。

それが今やすっかりティルトゲーム復活で、ポータブルの未来と言う人まで出る活況ぶりです。iPhoneがプラットフォームとしていかにパワフルでエキサイティングか熱く語るデベロッパー、エンジニアの中には、PSPやDSに比べても劣らないと言い出す人もいるぐらいですよね。でも、iPhoneで本当に何か新しいものがテーブルに出てきたんでしょうか? 答えはNO。どう考えてもNOです。

iPhoneが携帯ゲームで勝てない(と思う)理由 3

iPhoneの傾き制御は、7年前からあるゲームボーイのティルトと発想は同じです。ただし、ゲームボーイのは木製のマーブルがラビリンスの迷路を行く昔ながらの(誰もいつからあるか分からないような)ゲームです。

また、iPhoneにはゲームボーイやDSやPSPのようなボタンはついていません。タッチスクリーンのコントロールがゲームに重なってしまうので、ボタンの代用としては反応がどうしても不十分なんですよね(NES、SNES、Genesisのジェイルブレイク専用エミュレータ使ったことある人は反論すると思いますけど)。おそらく一番の問題は、カービィの評価記事で指摘されていた欠点をカバーできていないことでしょう。

また2001年のIGNの紹介記事から引用してみますね。:

ゲームのプレイ場所と方法が縛られてしまう。本当に野外やホテル客室内では問題なくプレイできたのに、飛行機の機内では装置を構える姿勢が悪いせいか、うまく遊べなかった。― 一番快適な姿勢で座ってプレイできるゲームではないね。

2001年5月のニューヨークタイムズにも同じような指摘があります。

特定の位置・姿勢でないとプレイできない端末なんて…ポータブルじゃないですよね。移動中の乗用車やバス、電話でiPhoneのティルトゲームやった経験者はみんな分かってると思いますけど、あれって方角問わず加速がちょっとつくだけで、敏感なゲームは台無しになるんですよね。Crash Bandicoot Racingモンキーボールに至っては、ほとんどゲーム不能と言っていいぐらいです。けど、移動中に遊べないんじゃ、ハンドヘルドのゲームもっても意味ないような…。

App Store開店以来ティルトコントロール(傾き制御)の面白いオリジナルな活用を提案できた人はまだ出ていません。 iPhoneはティルトゲームの焼き直しはできましたけど、それだけ。やっぱりJohn Carmackが息つく間もなく流す噂(←iPhoneはDSとPSP合わせた以上にパワフルだ、と言った人です)や、Scott Forstall(iPhoneソフトウェア部門シニアVP)のプレゼンは鵜呑みにしちゃいけないかと…。

Gamespotは昔こうカービィを紹介しています。:

そう、『コロコロ カービィ』はギミックだ。でも上出来なギミックゲームだ

任天堂にとってはハンドヘルドのティルトゲームなんて単なる片手間なのかもしれませんけど…。

John Herrman(原文/訳:satomi)

【関連記事】

iPhoneの ゲームデモ まとめ (動画)

iPhoneゲームは傾けると見づらい(動画)

PSP「ロコロコ」風iPhoneゲーム(動画あり)