ジョブズ、iPhoneアプリを遠隔操作で無効化する「キル・スイッチ」の存在を認める

ジョブズ、iPhoneアプリを遠隔操作で無効化する「キル・スイッチ」の存在を認める 1

噂されていた「キル・スイッチ」の存在がジョブズ発言によって裏付けられたようですね。

キル・スイッチというのは、アップルがApp Storeで配布したアプリの中で悪質なアプリを発見した場合、ユーザーが使っているiPhoneを遠隔で操作し、該当アプリを無効化できる機能のことです。

jailbreakされたiPhoneなら、最新バージョンのBossPrefsアプリを入れ、「Disable Apple App Killswitch」(Appleのアプリキルスイッチを無効にする)という設定をオンにすれば、キルスイッチが無効化されるそうです。他にもいろいろ手は考えられますが、いまのところ僕らが発見した中ではこれが一番簡単だし、必要なら設定を簡単に変更できます。

まあ気になる方は、ということですかね。だって、この機能はもちろんアップルが僕らを守るために入れたものですが、いざとなればアップルはこのキル・スイッチを使う理由をいくらでも考えついて、僕らのアプリを強制的に削除できるわけですから。

[Thanks Alan, bryonbrock!!]

Benny Goldman(MAKI/いちる)

【関連記事】

アップルはインストールしたiPhoneアプリを遠隔で無効にできる?

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる10の方法

iPhone Appの闇市場が未だに要るのは何故なのか?