iPhoneアップデートした途端、電話がかけられなくなる苦情が殺到か

iPhoneアップデートした途端、電話がかけられなくなる苦情が殺到か 1

 

もしややっぱりiPhoneって、携帯電話として使うもんじゃないんでしょうかね…

今月に入って、早くも2度目のソフトウェアアップデートが提供されたiPhoneですが、せっかく不具合を修正するはずが、トンだ被害に遭ってしまったユーザーもおられるようです。

現在、海外のアップルの掲示板フォーラムなどでは、最新ファームウェア「2.0.2」へとアップデートした瞬間に、まったく携帯電話で通話できなくなってしまったなどの書き込みであふれかえっているそうですよ。アップデート前よりも、アンテナの数は増えたはずが、どこにも電話をかけられなくなったという症状が多い感じですね。

中には、たまりかねてショップに持ち込んだ人もいるそうですが、SIMカードを1度抜いてから、また挿し直すと元に戻ったりもするとか。あとは、米国などでは、3Gから2Gに切り替えてしまうと、通常通り携帯電話機能も使えるようになると報告されています。これでは「iPhone 3G」にする意味がありませんけどね。

日本のiPhoneユーザーの皆さまは、大丈夫ですか? 遅い、つながりにくいという不満は、まだなかなか解消されないかもしれませんが…

[Ars Technica]

Jason Chen(原文/湯木進悟)

 

【関連記事】

iPhone 2.1は9月にリリース

スムーズにスピーディに使えないiPhone(動画)

iPhone 2.1に求める10のこと