世界一頑丈な鍵の製造会社Medeco vs クレジットカード

2008.08.14 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , 防犯
20080810medecolockhack.jpg


今年もあのハッカーの祭典DefConがアメリカで開催され、いろんなハッキング技が披露されました。その中でも、恥ずかしくなるほどにへなちょこだったのは、Medecoの高度な安全対策がほどこされたロックかもしれません…。

というのも、セキュリティー研究者のグループによると、ホワイトハウスやペンタゴンなどセキュリティには万全をきさないとならない施設に使われていることでも有名なMedecoのM3ロックを破るのに必要なのは、解像度の低い誰かさんのカギの画像クレジットカードがあればOKだというのですから…。

まず、研究者達はMedecoのカギの写真を撮ってラベルにイメージをプリントしました。そして、そのラベルを型紙にしてプラスチックのクレジットカードを鍵型に変身させたのです。これは、プラスチックでできたクレジットカードならどの種類でも簡単に偽カギをつくれちゃうとのこと。おそろしーぃですね。

世界一頑丈な鍵の製造会社MedecoのM3キーには、セキュリティーを強化するはずの特徴があるのですが、去年も同じグループの人たちによって、折り曲げた紙のはじっこを使ってちゃちゃちゃっと簡単にロックを破られてしまったようです。でも、Medecoのロックは従来のものと比べると3~4倍も高いんですから、Medecoはすぐにでも対策を考えなきゃだし、ロック業界もアクション起こし時なのかも!?


Wired - Photo Credit: Dave Bullock]

Elaine Chow(原文/junjun)


【関連記事】
対バンピング対策が施された防犯鍵「スマートキー」
「Locca Access」で鍵要らず
・【アンケート】財布や鍵以上に大切なガジェットって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

仕事に役立つサンバがあるらしい。

PR

それは一通の手紙からはじまった。 7月某日、ギズモード編集部に謎の手紙が寄せられた。 突如飛び込んできた謎の矢文(やぶみ)。そしてそこに記された不可解な文章。意味不明すぎる手紙に編集部一同が混乱に陥...
続きを読む»

お問い合わせフォーム

 お問い合わせフォームを表示

・関連メディア