中国、ネット利用者人口で米国を抜く

中国、ネット利用者人口で米国を抜く 1

 

長年の不毛なネット人口競争に勝負あり。

中国が米国を数で抜きましたね。そりゃそう、母数が違いますもんね。

中国インターネット・ネットワーク情報センター(China Internet Network Information Center: CNNIC)によると、中国のネット利用者は現在2億5300万人で、米国より3000万人多いそうな。3000万人なら「頭ひとつ」の差という印象ですけど、なんと驚くなかれ、この数字は2012年までに4億9000万人までググーーーーンと増えに増えるそうですよ!?

えー、中国人口ド忘れしちゃった方のために申し添えますと、この2億5300万人という数値は中国全人口の19%に過ぎません。一方のアメリカは「国民の71%がネットにアクセスしている」という意味でございますから、ま~だまだ余力ありますよ~、中国!

もっとも、この世界最大の新興ネット利用人口が検閲入りのネット閲覧しているのはダークなアイロニーですけど、中国も最近は五輪開催に向け改善を約束してるようですね。

 

[BBC]

Mark Wilson(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】

四川大地震で検閲どころではない中国

インターネットユーザー比率、女性が男性を上回る

インターネットの米国支配、来週開催IGFの審議の焦点に