予告通り自爆する、時間に律儀な看板(動画あり)

予告通り自爆する、時間に律儀な看板(動画あり) 1

「このメッセージは残りちょうど***時間**分**秒で自爆します」

配達時間厳守をアピールしたいニュージーランドの宅急便会社「Deadline Express」が、2007年に出した伝説の自爆ビルボード(立て看板)です。

看板と言っても、あるのはカウントダウンの数字だけですけど、看板自体に時限爆弾が仕掛けられていて、文字盤が「0」を打ったその瞬間、木っ端微塵に吹き飛びます。社のモットーは「When Deadline Couriers gives you a time, they actually mean it(Deadline Curriersが言う時間に二言はない、かな)」。

製作費2万ニュージーランドドル。

宣伝と言ってもマーケティングはこれぐらいしかやってないようですし、これ一本で見物人が大勢詰めかけ、マスコミがそれを追いかけ、今だにウェブでクチコミで広がってること考えると、対費用効果はバツグンじゃないですかね!?

看板が吹っ飛ぶ瞬間の映像、見てみます?

 

場所は割と交通量の多いAuckland Cityです。

佐川急便とか日通とかクロネコヤマトとか、この手のスタントって、なんかありましたっけ?

[via Inventorspot and adsoftheworld

Mark Wilson(原文/訳:satomi)

【関連記事】

建物をプロが爆破(動画)

第二次世界大戦時の機雷をイギリスのビーチで爆破(動画)

貯金しないと爆発する貯金箱