顔面大の巨大パッドでサンプラーを演奏する(動画)

ライブするとき、小っちゃいサンプラーをステージでこちょこちょいじるのは、なんか動きがなくてつまらないと思うんです。

このでっかいMIDIサンプラーはどうでしょう? 圧力感知用の16の大パッドが、全体で750ポンド(約350kg)の重さのある巨大サンプラーについてます。22インチのモニター、10個のつまみ、でかいピッチホイールがついていて、Mac上でAbleton Liveというシーケンサーソフトを動かしてコントロールしています。

この装置は、世界最大規模のパンクロックフェスティバル「ワープド・ツアー」にて、知る人ぞ知るクランク・ロックな戦隊バンド「Family Force 5」が使うために、bwackというミュージシャンが作ってあげたんだそうです。実際にワープド・ツアーのステージでこれが演奏されている動画も以下でどうぞ。

 

これはかなりやってみたい。

Bwack via MAKE

John Mahoney(MAKI/いちる)

【関連記事】

巨大Gibsonを奏でる男(動画)

ロープを引っ張り続けるDJマシン「Rope and Pulley」(動画)

「SOFT THEREMIN」:マウス操作でバーチャルテルミンを演奏