窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 1

きっと通称は「蜂の巣ビル」ですね。

とは言っても、この六角形の窓に囲まれた超高層ビルにも本名があります。その名はSinosteel International Plaza。2012年に中国の天津に登場予定だそうです。そんな蜂の巣ビルを、いろんなデザインをいち早く見つけてくるデザンマガジンDeZeenで発見したので、ちょっとご紹介してみようかと思います。

ちなみに、この蜂の巣ビルは高さ1174フィート。デザインはMADという建築家が手がけたそうなのですが、建築家の名前のとおり!? ちょっと、変わった特徴があるようです。

ビルの外観をよく見てみると、いろんなサイズの六角形で構成されているのに気付きましたか? これ、単純に見た目がカワイイからパターンを作ってるわけではなく、ビル用の空調システムが必要ないように、この六角形の窓達が一役かっているんだそうです。

どんな風に役立ってるんでしょうね? の答えと、ギャラリーを以下にご用意したので、チェックしてみてください。

 

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 2

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 3

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 4

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 5

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 6

窓に技アリ!? 何かの巣みたいに見える超高層ビル 7

建築家によると、いろんな大きさの六角形の窓はビルに面白みをあたえるだけじゃなくて、この大小の組み合わせのパターンでビルが風と太陽に順応できるようにするとのこと。

気流の違いと太陽光の方向をマッピングすることによって、冬には熱損失を最小限にし、夏には温めるように違うサイズの窓の配置を決めることができました。

とのこと。

この、ホテルタワーとコンベンション施設やオフィスからなる2軒のビルは、2012年に北京から東に1時間ほどの港湾都市、天津に登場する予定なので、宇宙ステーション風なお部屋と六角形の窓の効果が気になる人は泊まりたいホテルリストに加えてみてはいかがです?

Dezeen

Jesus Diaz(原文/junjun )

【関連記事】

うねる風車ビル「Windscraper」(動画)

風と太陽でフロアが自動回転する風車ビル「Dynamic Tower」の建築家に会ってきた

ムンバイに卵型高層ビル