ドップラーレーダーが捉えた…暴走車!?

ドップラーレーダーが捉えた…暴走車!? 1

火曜未明、シカゴ上空の大気の状態は非常に良かったんでしょう。

ドップラーレーダー君に、こんな物騒な暴走君たちの姿が残ってましたよ?

ちょっと見づらいと思いますが、丸く囲った中でもブルーのところが暴走と思しきゾーンです。会議に遅刻だったのかな? 州間高速道路55号線と57号線をひた駆ける車3台のうち1台は、時速209km(130mph)の表示出てますよ!? (アメリカの気象機関(NSW:National Weather Service)は「ノイズではないか」と言ってるようですけど)

ドップラーレーダーはふだんは雨粒の動きを計測しています。レーダーに向かってくる雨粒、レーダーから遠ざかる雨粒。つまり警察のねずみ捕りと似たようなことしてるんですね。でも時折、温かい空気の層が地表の上に広がる時とかに、ドップラーレーダーから出たビームがまた地面の方に折れてきて車の流れとか建物とか、あらぬモノを捉えちゃう現象が起こるんだそうです。

こんなの見ちゃうとついつい「いずれは宇宙からねずみ捕りかい?」と、想像が飛躍してしまいますよね。…ま、まさか、Googleストリートビューが宇宙行くなんてことないとは思いますけど…。*

NWS via Jalopnik

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

*タイトルから「宇宙から」を削除しました。本記事の気象用ドップラーレーダーはイリノイ州Romeovilleに設置した地上ベースのレーダーです。

【関連記事】

「かぐや」がハイビジョンで捉えた「月から見た地球」(動画)

青い幽霊? 監視カメラが捉えた不思議な影(動画)

オフィスでセキュリティカメラが捉えた衝撃映像(動画)