ミニフィグ製造工程(動画)

(※動画が見れない方はコチラ

レゴ工場視察で一番面白かったミニフィグの生産ラインです。 頭と体に色塗って、ものすごいスピードで組み立てていきます。レゴ30周年を記念して、その原料から完成までをご紹介。

ストームトルーパーの頭部が大量生産されてく動画は前に紹介しましたけど、ミニフィグは原材料を型に流し込んで全パーツを固めます。

• 頭と胴体は必ず装飾します。これが面倒なので、レゴセットの中でもミニフィグは最も高価なパートなんですね。ダースベーダーのジオラマがあんなに高いのも、 そのせい。 昔はみんな同じ顔でしたが、今は表情もレイヤーも異なります(僕は昔の画一的な方が好きかな…)。

• 装飾が終わったら胴を組み立て用の機械に入れます。そこで右手と左手が胴につながって、同じ機械で手を腕にドッキング。光のような速さと精度です。

• さて、胴体は梱包に回して、頭・髪・ヘルメット・帽子・おしり・脚部と一緒に袋詰め。 昔は頭と脚も繋げてから袋に詰めてましたが、今はビンテージのミニフィグセット以外はバラけたまま残しといて、買った人が組み立てるようになってますね。

[Go Miniman Go]

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

東大にはレゴ部がある

レゴで作ったゲーム『ドンキーコング』の面(動画あり)

レゴ・マインドストーム・ロボットが贈る宇宙の写真