アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘

アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘 1

将来カタールのDohaのそばを車で通りかかってベントレーやフェラーリがやたらたくさん停まってる砂丘があったら、それはたぶん「Museum of Modern Arab Art(アラブ現代美術館)」ですよ。

2011年完成予定。芸術品1万点以上を収蔵した全室エアコン付きの826㎥の2階建てビルです。ニューヨークのRafael Viñolyのデザイン。

 

アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘 2

アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘 3

アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘 4

アラブ現代美術が眠る、巨大な人工の砂丘 5

絵画5000点、アンティーク・彫刻・金属加工品・陶磁器・書など計700点のコレクションと、コーラン初期から現代までの壁画・文書、写真・応用美術のコーナーもあります。これ全部Sheikh Hassan Bin Mohammed Al-Thaniという方の所有です。わずか10年でこんだけ買い集めたなんて、すごい…。

僕の誤読じゃなければ、建設業者はビル表面をカンバス状の素材で作る…と書いてるような…。新素材、砂漠の気候、天井知らずに高価で湿気に敏感な美術品…こりゃエアコンいくらあっても足りないですね!

建設費世界一の美術館ではない可能性もあります。オランダの建築家Ben van Berkelもドバイ・クリーク沿岸にスタトレ風の「Museum of Middle East Modern Art(中東現代美術館…紛らわしいですね)」をこしらえてるところだし。

僕は『スタートレック』のジーン・ロッデンベリ(Gene Roddenberry)より、 『デューン』シリーズのフランク・ハーバート(Frank Herbert)が好きですね。

詳しいお話と写真は以下リンク先でどうぞ。

[Dezeen]

Wilson Rothman(原文/訳:satomi)

【関連記事】

宇宙人的な意味で美しいアルプスの建物

砂漠に乗り上げた宇宙人の母艦…みたいなRAK「Gateway」プロジェクト

ポーランドにあるFM放送局は、SF映画のセットみたい