まさにジェームズ・ボンドになりきれる、まったくデジカメに見えない腕時計が発売

2008.08.28 14:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
080826a.jpg


さりげなく腕時計を操作してるヤツを見かけたら、気をつけたほうがいい…

腕時計型スパイカメラって、これまでも何度か目にしてきましたが、今度のは半端じゃありません。だって、かなりの本格派ですから!

まずは詳しい仕様と写真を、続きでチェックしてください。
 

080826c.jpg


どう見ても普通の腕時計にしか見えませんよね? でもこれ、文字盤の「2」の部分にからくりがあるんですよ。ここがカメラレンズになってるんですね。気づいてましたか?

香港のBrando Workshopが、「Spy Micro Camera Watch」の名称で、236ドルにて発売したこの腕時計、意外に高性能ですよ。撮影画像の解像度は352×288ピクセルですが、実に2GBものメモリを搭載しており、AVIフォーマットでバンバン動画が撮れちゃいます。


080826b.jpg


サイドにはPC接続用のUSBポートが標準装備され、PCに接続しながら充電もできちゃいます。これはもう「007」のジェームズ・ボンドも顔負けですね…

ところで、このスパイカメラ、肝心の腕時計部分って本当に動くんですかね? まさかいつまでもこの時間のままだったりしてって、そんなことはないですよね。それじゃあ偽物の時計ってバレバレですから。えっ、でも、ちゃんと時計として使えるという性能は、製品ページのどこにも書かれてないような…


[Brando]

Kit Eaton(原文/湯木進悟)


【関連記事】
2億2千万円の腕時計
孫の代まで残しておきたい腕時計
永久機関なUSB腕時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加