アダルト版YouTubeにも捜査の魔の手…著作権侵害ポルノに損害賠償!

アダルト版YouTubeにも捜査の魔の手…著作権侵害ポルノに損害賠償! 1

ちょっとお兄さん、そのアダルト動画って、捕まるよ…

日本でも著作権侵害は大きな問題ですが、さすがは訴訟社会という米国…。海賊版映画や音楽を、ファイル交換サービスなどでやり取りしている個人ユーザーにも、次々と損害賠償訴訟が仕かけられ、徹底した著作権保護運動が展開されているのは周知の事実。全米映画協会(MPAA)や全米レコード協会(RIAA)は、その仕かけ役としても有名ですね。

YouTubeには、著作権に問題のある映画やテレビ番組の動画がいっぱい…という状況に、映画スタジオやテレビ局が烈火のごとく怒り、MPAAなどが徹底した規制を求める構図となっています。

そして、この動きは、ついに成人向け「YouTube」とも呼ぶべき、アダルトコンテンツばかり集めた動画共有サイト「PornTube」「YouPorn」などでも本格化!

これまでほぼ野放し状態だった、アダルト動画共有サイトの著作権保護コンテンツに、ポルノビデオ制作会社などが結束し、新組織「The PAK Group」を共同で設立。違法コピーされたアダルト動画のアップロードに対しては、損害賠償訴訟も辞さぬ勢いで、一気に取締りが強化されてるそうです。

むむむ、こんな業界にまで、やっぱり著作権の問題ってあったのか…と、思わず胸に手を当ててしまったアダルト動画ファン(!?)の皆さま、くれぐれもやましいことはいけませんよ…

Daily Tech via T3

Jason Chen(原文/湯木進悟)

【関連記事】

音楽出版会社・作詞作曲者の著作権料削減を求める動き

著作権法のない国家建造の野望

「グーグルは著作権を軽視している」とマイクロソフト