Burj Dubaiは高すぎてウォーキートーキが使えません

Burj Dubaiは高すぎてウォーキートーキが使えません 1

          

もし、2,275フィートの超高層ビルを建てたかったら、その全体の大きさがゆえに、スペースシャトルに匹敵するぐらいの工学的挑戦の壁に直面することになるでしょう。その挑戦の1つはコミュニケーションです。

世界一高いビルBurj Dubaiの建設が進み、どんどん高層になっていくにつれて、建設作業員が1つの問題を発見したのです。なんと、高層部分で作業をしている建設作業員達のウォーキートーキーが使えなくなってしまったのです。

理由は単純なことで、距離です。建設し始めの頃は、建設作業員達の使ってるウォーキートーキーは、軽くて耐久性があって、バッテリーも長持ちするし現場同士は、問題なくコミュニケーションができていました。ところが、ビルの建設が進み、砂漠からどんどん空へと伸びていくと、プッツリと途切れてしまったのです。ということで、元請業者のサムスンは、信頼性の低いコミュニケーションで作業員達が危険にさらされないようにという理由うと、プロジェクトの遅れを避けるために、違うコミュニケーション方法に変更しなくてはなりませんでした。

幸いなことに、彼らが携帯で使ってるものと類似したメッシュネットワークに変更することができたので、とりあえず、従業員同士のコミュニケーション問題はクリアしたようです。ちなみに、今回彼らはローカルのFiretideという会社を使い、Wi-FiのVoIP電話とHotPort MESHを利用してコミュニケーションをしているとのこと。サイトのセキュリティービデオもこれでカバーしているそうです。結構たくさんの人身事故が起きているという噂も聞くので、これで作業員の人たちも少しは安心して働けるのかな。

Jesus Diaz(原文/junjun )

【関連記事】

何だってありえるドバイ、今度は100万人が居住するピラミッド

ドバイの超高層ビル「ブルジュドバイ(Burj Dubai)」を空中から撮影

砂漠のド真ん中に現れたリアルシムシティ、ブルジュ・ドバイ(Burj Dubai)の写真集その2