メタリカの新譜『Death Magnetic』がうるさい原因の一端はiPodにもある

メタリカの新譜『Death Magnetic』がうるさい原因の一端はiPodにもある 1

発売2週間で82.7万枚を売上げたメタリカのニューアルバム『Death Magnetic』買って、そのあまりの音量に腰抜かした人もいるんでは?

でもそれはメタリカ、プロデューサー(Rick Rubin)、マスタリングエンジニア(Ted Jensen)のせいじゃなく、責任の一端はiPodにもあるよ、というおはなし。

1980年代後半からの「ラウドネス戦争」に油を注いだのが昨今のデジタル楽曲とiPodの進歩で、今はラジオ、ジュークボックス、特にiPodで目立つためアーティストも音量勝負なところがあるんだそうです。でも、録音のボリューム確保するには、エンジニアも「ダイナミックレンジ」を減らし、音のやわらかなパートとうるさいパートの差を最小限に抑えなきゃならない。

結果どうなるかと言うと…

デジタル楽曲では全サウンドを狭く高いボリュームの範囲に押し込めることが可能なので、ダイナミックレンジを犠牲にしてでも音量高くした方がいいんじゃ…という誘惑が当然生まれる。

この誘惑は、iPodのあのlo-fiなイアバッド用にサウンドを最適化する時とかにはとっても強まってしまう。

メタリカ、スタジオでうるさく録音しようとするあまり「キンキンと薄っぺらで脆いサウンドになっちゃったじゃないか」と一部ファンからクレーム(上の写真では「iPodなんかぶっ潰せ」と叫んでますね。合成ですが)。

きっとこうすれば売上げが伸びるという想定でやってるんだと思いますけど、レコード業界も音量から音質の正攻法に重点移す必要があるかなあ、と。音大きくて喜ぶ人って…そもそも誰なんでしょうね? 今どき一番音が大きいアルバムがどれか気にする人なんていないと思うし、WSJによるとヘヴィメタルファンでさえ最近はこの歯止めの利かない状況をなんとかしてくれと騒いでるそうです。

Gawker via WSJ

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】

耳を尖らせる手術でより素晴らしい音楽体験を

iPod上で音楽をキャラにして戦うRPG『ソングサマナー』(動画あり)

サンディスクより、DRMフリー楽曲入りmicroSDカード「slotMusic」登場