未来っぽいのに懐かしい「Habitat Machines」

未来っぽいのに懐かしい「Habitat Machines」 1

こちらの建物、なんだかかっこよくて近未来的だけど、どこかで見たことあるような気がしませんか

よーく見ると、コーヒーポットはかり電気かみそりケーキの型チーズおろしなど家庭用品ではないですか。いえいえ、フォトショップではありません。アーティスト、David Trautrimas が製作したオブジェ作品です。カナダのトロントで来週から開かれる展覧会「Habitat Machines」のための作品たちです。以下にもうひとつ画像をおいておきますね。気に入った方はDezeenにどうぞ。この不思議世界をもっと楽しめます。

 

未来っぽいのに懐かしい「Habitat Machines」 2

Dezeen

Wilson Rothman(MAKI)

【関連記事】

人を食べかねないパンダ(を模したUSBカメラ)

ジェンガのような高層住宅、ウォール街至近に出現

何だってありえるドバイ、今度は100万人が居住するピラミッド