[IFA 2008]サムスンX360をさわってみたよ(動画)

Macbook Airの対抗馬として!? 注目をあびているサムスンの「X360」を、IFA 2008でチェックしてきました。

噂のサムスンの薄型軽量ノートPC「X360」重さ1.27kgを遠慮なくベタベタと触って身体チェックしてみた感想は…? ピアノ風仕上げな見た目は気に入らないけれど、その他については、とっても感心したといわざるをえません。

軽さも薄さも、MacBook Airに匹敵します。13.3インチ、ディスプレイの解像度は1280×800ピクセルで、すごくいいかんじ。その他Appleのノートブックよりも沢山ポートや特徴があるんです。例えば、HDMI端子、3つのUSBポートExpress Cardスロット、7-in-1カードリーダー、セキュリティーのための指紋読取装置です。完全にX360はAirBookよりポイント高いかんじですよね!?

でも、X360でMac OS Xが使えないっていうのが、僕にとっては辛いところなんですよね。Windowsユーザーにっとっては、X360はベストだと思うけど。でも、もしかしたらAppleファンもMacBook Airを見つめなおしてみる時期がきているのかも!? まだX360の値段もわかってないし、おそらくMacBook Airに匹敵するだろうって推測している段階だから何とも言いがたいんですよね。っと言ったものの、んー、でも、やっぱり、サムスンX360の勝ちかも!?

良いところ : 超薄い、超軽い、質も素晴らしいし、ノートPCにPCIカードを接続できるExpressCard接続の拡張ユニットとHDMIに直接アクセスできたり、フラッシュカードなどなど、いろんな機能があるところ。ただ、光装置はいまいちだけど、個人的には、無くても構わないし、多分多くの人も同じだと思います。キーボードは心地いいです。

悪いところ : なんともいえないテカテカした黒いピアノ風仕上げが気に入りません。そして、個人的には、Mac OS Xが使えないことが、かなりのマイナスポイントです。たぶんこの理由が、MacBookがある一定のマーケットでベストなノートブックになる理由なんじゃないかな。

結論 : もし、サムスンが値段を1800ドルぐらいに設定できたら、確実にベストセラー商品になると思います。でも、Appleの新しいMacBook Airがどんなかんじなのか? 実態が分かるまで結果を出すのは早すぎるのかも!? 

ということで、これからも、じっくりX360とMacBook Airの戦いを見守っていきたいと思います。

Jesus Diaz(原文/junjun)

【関連記事】

Eee PCにLeopardをインストールしてみた(動画)

ThinkPad X200をいじってきました

トラックパッド部分がタッチスクリーンになっているMacBookの可能性