ルーフに上ると、洒落たウッドのサンデッキ広がるフォルクスワーゲン登場

ルーフに上ると、洒落たウッドのサンデッキ広がるフォルクスワーゲン登場 1

さすがはフォルクスワーゲン、クルマの天井までラグジュアリー!

ドイツのデュッセルドルフにて、「Dusseldorf Caravan Salon」モーターショーが開催されましたが、そこで登場したのが、この「Caddy Topos Sail」デザイナーカー。商用バンのCaddyを、道行く人も思わず振り向く、颯爽としたセーリングヨット風にデザインしたそうです。

ルーフに上ると、洒落たウッドのサンデッキ広がるフォルクスワーゲン登場 2

こちらの車体後部の洒落たラダーをよじ登ると、ルーフトップに広がる世界は…、渋いアルミレールに囲まれた、ウッドパネルを敷き詰めるサンデッキになっているのであります。デッキの角度は、自由に調整可能なようで、なかなか高級感あふれるデザインに好感度大でしょうか。海辺に車をパークしてルーフに上れば、そこは非常に開放的な日光浴空間になっているというコンセプトのようですよ。

あくまでも今回の発表は試作デザインで、実際に製品化される計画はないとのことですが、そう簡単にマイガーデンにサンデッキなど作れない日本では、これって人気が出そうですね。

[Jalopnik]

Sean Fallon(原文/湯木進悟)

【関連記事】

フォルクスワーゲンの20年後の車

痛車、痛単車とくれば痛自転車

2054年のフォルクス・ワーゲン・ビートル