ジェンガのような高層住宅、ウォール街至近に出現

ジェンガのような高層住宅、ウォール街至近に出現 1

毎朝のお目覚めは断崖絶壁の上。

スイス人の建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンが今日(米時間15日)公開した57階建ての高層住宅です。

全145戸のアパートが、まるで積み木はずしの「Jenga」みたいにガタガタに堆く積み重なっています。ペントハウスは3300万ドル(約35億円)。

高所恐怖症は大丈夫? 乗り物酔いし易い方じゃない?  よく考えてから買いたいですね…。

 

ジェンガのような高層住宅、ウォール街至近に出現 2

床がガラスの部屋はたぶん、乗り物酔い用の紙袋いっぱい用意してった方がよさそうですね。住所はTribeca at 56 Leonard Streetです。カンチレバを使って、やっとH&Mの言う「pixelated vertical layering(画素で構成された垂直層化)」を具現化しました。早い話が「トレーラーの積み木タウン」ですな。

ジェンガのような高層住宅、ウォール街至近に出現 3

内装もH&Mのデザイン。12フィートのガラスのドアを開けるとバルコニーに抜けます。床から天井まである大きな暖炉などインテリアは個々の色づかいまで気配りが行き届いてます。20世紀最大の建築を手がけた巨匠の家に住みたい人はスターティングプライス350万ドル、上は3300万ドルです。ウォール街は目と鼻の先ですよ?

Gothamist

John Mahoney(原文/訳:satomi)

【関連記事】

建築家が家主に内緒で仕掛けたNY5番街のカラクリ屋敷

億万長者の住む世界一高いお宅は、ガジェットがいっぱい

今年のプリツカー賞受賞者、ジャン・ヌーヴェルの建築世界