強迫観念を肩代わりしてくれる装置

強迫観念を肩代わりしてくれる装置 1

まあ、アートですね。メディアアートというより現代アート。

コロンビア大学教授兼アーティストのDouglas Irving Repettoが作った装置です。

何か強い強迫観念にとりつかれた時、それをに書いてこのケージのひとつに入れましょう。そしてグルグル回せば、この装置が代わりにその強迫観念に取り憑かれてくれる、という、そうしうシステムです。

もちろん「そんなバカな」なのですが、この装置の異様な風体が中世の魔法的な雰囲気を醸し出し、少しだけ効果がありそうな感じになっていると思いません? さすがアートです。元ネタサイトに動画があるので、興味がある方は見てみてください。

[Douglas Repetto via MAKE]

Elaine Chow(MAKI/いちる)

【関連記事】

アートのように格好いいレゴのクモ型ロボット(動画)

電球2.0 : 時を超えたデザインへのオマージュ

1100発のペイントボールを一気に発射してモナリザを描く(動画)