手作業で作られた「光のピアニスト」アニメーション(動画)


最新機器じゃなくたって、こんなにすばらしいアートを作ることができるんです。

この「光のピアニスト」は、緑のLEDライトがついたキーホルダーとCanonのRebelを使って、20秒から30秒の露出写真を根気よく撮影し続け、1枚ずつ繋げ、オリジナルの音楽をつけて作られたものです。

天才的なひらめきと大量の忍耐が必要とされるであろうこの作品、そう簡単には真似できそうにありませんね。

[Vimeo via Wired]

Kit Eaton(MAKI/いちる)

【関連記事】

窓の無いオフィスに愛の手を!「Sky Factory」

水面に水滴が落ちる様子を点移動で再現:「Waterdrop」

エクトプラズムっぽいランプ