リアル世界にバルーンヘルプをつける「Sekai Camera」(動画)

カメラを向けるだけで、自分の知りたい情報が手に入るTonchidot(頓智・株式会社)の「Sekai Camera」は、まさに僕が求めていたiPhoneキラーアプリですね。

道順、レビュー、メッセージ、お買い得情報などなど。現実世界にグラフィックがオーバーレイして、思いつく限りのあらゆるタグがぷっかり浮かんで見えてますよ?

Tonchidotはこの素晴らしいSekai Camera(日本語で“世界カメラ”の意)を「ソーシャルなタグ付け端末」と定義付けてますけど、本当にカメラからGPS、ネット接続、録音マイクまでiPhone 3G搭載技術はほぼ総動員でしょう。アプリはオンにすると、まず最初にiPhone 3G内蔵のGPS機能を使って現在地をチェックします。

それが済むと、こちらができることは2つ。(1)自分の周囲に見える場所・物体に関する情報を見ること(これはリアルタイムで動く映像にオーバーレイして見えます)、(2)自分で情報を追加すること(個人・事業主・どんな団体でもできます)。これと思うものがあったら、ただ端末をその方角に向けて動かしてタグを追加するだけ。タグはテキスト、写真、音声で入力できるようです。

Sekai Camera [Tonchidot via Dvice]

関連:ITメディアオルタナティブブログ“iPhoneを電脳メガネにする「Sekai Camera」がすごい件”TechCrunch50リリース速報

↑ JDらしい紹介記事ですね。たまたま発表の場に立会いました。やっと頓智ワールドを抜け出たと思ったらギズも…。touchがtonchiに見える今日この頃です。

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

10万円のiPhoneアプリ「I'm rich」のガイドツアー(動画)

iPhone版「Myst」、開発進行中なり

ジョブズ、iPhoneアプリを遠隔操作で無効化する「キル・スイッチ」の存在を認める