nav-uの気圧センサーは縁の下の力持ち(動画)[Sony Dealer Convention 2008]

すっごーく地味なデモです。

最近ポータブルナビゲーションデバイス、通称PNDが流行しています。取り付け簡単、値段はお手頃なので人気沸騰。ただし多くの機種は測位にGPSのみを利用しているのでトンネルビルが多い都心ではかなりツライものがあります。

ソニーのnav-uは自律航法としてPOSITION plus Gを採用。これは加速度センサージャイロセンサーに加え、気圧センサーを用いて高精度に自車位置を補正する機能。この動画はその気圧センサーの動作です。nav-uを上に持ち上げると、0.3mといった風に位置が変化しますが、、、いや、ほんとそれだけなんですが。

Sony nav-u 自律航法

ところが高さ変化が分かると車速から坂道の勾配が分かり、正確な位置補正が可能になるんですって。

PNDで気圧センサーを用いているのはソニーだけ。トンネルの中でも安心して使えるのは心強いですね。あと「ピタッと吸盤」で簡単取付できるのもいいですよ。

NV-U3Blogger seminer with Sony Dealer Convention 2008

(野間恒毅)

 SONY パーソナルナビゲーションシステム NV-U2 ソニー
SONY パーソナルナビゲーションシステム NV-U2

nav-uの気圧センサーは縁の下の力持ち(動画)[Sony Dealer Convention 2008] 1

【関連記事】

[CEATEC2007]防滴&Bluetooth搭載のポータブルナビ

進むべき道をフロントガラスに描き出すカーナビ(動画)

カーナビと合体したレーダー探知機