パイプ内を探検してくれるクローラロボット[危機管理産業展2008]

2008.10.10 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0579_R.jpg


かわいい!

ちょっとおっきな人の手のひらぐらい。そんなパームサイズクローラ(キャタピラ)ロボットがトピー工業のブースにいました。

本来はパイプ内を走らせて、内部調査をするためのもの。白色LEDライトにより暗がりの端から端まで赤裸々に映し出してしまいます。光ファイバーレンズだけを通すやり方だと画角がズレて使いにくいといったときに役立ちそう。

光学26倍、デジタル12倍の可動式カメラを積んだ床下用ロボットや、階段の上り下りも可能なアームつきモデルなども展示。物理的に人類未踏な土地をくまなくチェックする調査隊となってくれそうです。


危機管理産業展2008

(武者良太)


【関連記事】
一泊二日のツーリングにも行けそうなSegway[危機管理産業展2008]
浮気調査にも使えるGPS&FOMA位置情報発信機[危機管理産業展2008]
あまりにもダウナーなノリの5歳少女ロボット(動画)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

仕事に役立つサンバがあるらしい。

PR

それは一通の手紙からはじまった。 7月某日、ギズモード編集部に謎の手紙が寄せられた。 突如飛び込んできた謎の矢文(やぶみ)。そしてそこに記された不可解な文章。意味不明すぎる手紙に編集部一同が混乱に陥...
続きを読む»